難航した駅近での土地探し

第二子が誕生すると、それまで住んでいたアパートでは手狭になってきました。引越しを考えたときに、賃貸ではもったいないという主人の考えもあり家を建てることを決めました。私たちは主人の通勤の関係で駅近を希望していました。しかし渡すの住む地域は駅近はすでに開発されていて、駅から徒歩10分以内で探すとかなり限られてきてしまいます。タイミングが合わず最近出た分譲地はすでにいっぱいです。やはり希望の条件に合う土地はなかなか見つかりませんでした。いくつかの工務店や住宅メーカーにいい情報があったら声をかけてほしいということを伝え、自分たちでも情報収集をしながら1年以上が経ってしまいました。もう土地は出てこないだろうな、駅前のマンションを買ったほうがいいのではないかと思い始めていました。そんなときにある工務店が駅から徒歩5分のところに建っていた空き家が壊されて土地が売りに出るという情報を持ってきてくれました。場所、広さ、これ以上ないというくらい私たちの出していた条件に合うものでした。話はトントン拍子に進み、土地を購入し家を建てることが決まりました。もう見つからないと諦めて妥協しなくてよかったという思いと、人生はタイミングだなということを実感しました。情報をくれた工務店、たまたま不動産会社に立ち寄ったときにたまたまその土地のことを教えてもらい、ふと私たち夫婦のことを思い出してくれたそうです。

PR|神戸の実質利回りが高い収益物件|